MENU
みち
四柱推命鑑定師
占いをあなたの人生のお供に

占いって何だか怪しいし、悪いこと言われるかもしれないし、苦手な方もいるかもしれません。

だけど、だけど!
楽しくポジティブに使えば、あなたの可能性を広げてくれる素敵なツールなんです。占いに携わるなど夢にも思わなかった私が断言します。

占いや当サイトを通して、あなたやあなたの大切な人の新しい一面・道を発見できますように。
デザイン変更中のため、表記に崩れがある場合があります

あの人の真似をするよりも、あなたに合った方法を選ぶほうが大切

お仕事であなたより結果を出す先輩や同僚。

その人から教えてもらった方法や、その人の手法を真似してみたのにうまくいかない!という経験はありませんか?

そんなあなたへ、届けっっ!

目次

真似をしてみるのは大事

うまくいっている人の方法を真似をするというのは、言わずもがなとっても大切!

すでに成功例があるわけですから、まずは試してみた方がいいですよね。

それでうまくいけば最高!

でも、真似をしているのに思うような結果が出なかったり、そもそもあなた自身がその方法をやりたくないと感じるのなら…

その方法はあなたに合っていない可能性がありますよね。

合うやり方は、命式によって違う

私が四柱推命を学んで知ったことは、基本性格や星によって、向いているやり方や特徴は全然違うということ。

例えば…

基本性格での合うやり方

四柱推命には、全10種類の基本性格というものがあります。

この10種類の性格が全く違っていて本当に面白いのです。

例えば基本性格が樹木タイプの人は、目標に対してゆっくり達成していくことを好みます。

まるで木がゆっくりマイペースに成長していくように。

反対に、刀タイプの人は、目標に対してスピーディーに行動することを好みます。

刀は使わないと錆びてしまいますからね。

太陽タイプのように、自らが中心となって動きたい人もいれば、

お花タイプのように、どちらかというと仲間を支えたり、潤滑油的な存在が向いている人もいます。

○○タイプだから、絶対にこうしなければならない!なんてことはありませんのでご安心ください。

冒頭に書いた例で、先輩があなたと同じタイプであれば、その人の真似をしてもうまくいくかもしれませんが、

二人が違うタイプの性格なら、うまくいかないかもしれません。

星でも違う

四柱推命には、基本性格以外に「星」と呼ばれるものがあります。

10種類の通変星つうへんせいや、12種類の十二運星じゅうにうんせいというものです。

あなたの持つ強みなどを表すものなのですが、こちらも、基本性格同様に特徴がさまざま!

例えば、人の顔色が気になる気遣いの星・偏財を持っていると、営業のお仕事などでごり押しが苦手かもしれません。(私がそうでした😂)

偏官という星は、大義名分があれば多少のごり押しもできちゃいます。

「どちらが良い悪い」ではなくて「ただ特徴が違う」だけなんです。

あなたに合ったやり方を知る

前述したように、うまくいっている先輩とあなたは、全くの別人です。

星で見てみても、それはやっぱり明らかで、強みとかしっくりくる方法が違うのです。

だったら、もらったアドバイスは一旦心に留めておいて、あなたにあった別のやり方を探してみてはどうでしょうか。

あなたにはあなたの良さや強みがあります。

できないことよりも、強みを活かして、あなたが「この方法なら頑張りたい」と思えるものが見つかりますように。

大丈夫。きっと、うまくいきますよ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる