MENU
みち
四柱推命鑑定師
占いをあなたの人生のお供に

占いって何だか怪しいし、悪いこと言われるかもしれないし、苦手な方もいるかもしれません。

だけど、だけど!
楽しくポジティブに使えば、あなたの可能性を広げてくれる素敵なツールなんです。占いに携わるなど夢にも思わなかった私が断言します。

占いや当サイトを通して、あなたやあなたの大切な人の新しい一面・道を発見できますように。
デザイン変更中のため、表記に崩れがある場合があります

『ひよっこ』の兄ちゃん・俳優の尾上寛之さんを四柱推命で勝手に鑑定

NHK朝ドラ『スカーレット』での演技が心に残っている俳優・尾上寛之おのうえひろゆきさん。

「勝負を挑むんは自分やで」
「外に戦う相手見つけたら、途端に心折れるで」

掛井武蔵丸という役をスカーレットで演じていたのですが、上記のセリフが今でも心に残っています。

大切にしたい、いい言葉。

引用:スカーレットのインスタより

今回はそんな、尾上寛之おのうえひろゆきさんを勝手に鑑定させていただこうと思います!

目次

尾上寛之さんの基本性格

尾上寛之さんの四柱推命の命式を解説した画像

尾上さんの十干じっかん(基本性格)は太陽。

太陽が基本性格の方なので、どこにいても目立つ、人気者タイプ

そこにいるだけでその場がぱぁっと明るくなる方っていますよね。そんなイメージです。

裏表が少なく、直感に優れていて、俳優やタレントという実力主義の職業にも向いています。

ところが、お仕事を表す場所の十干は、真逆の雨タイプ。

お仕事に関して言えば、“前に前に”というより、チームを補っていく縁の下の力もちタイプかもしれませんね。

雨が雪や雹と姿を変えるように、雨タイプの人も役によってガラッと雰囲気が変わる俳優さん・女優さんが多いです。

尾上さんも、

  • 『ひよっこ』での三男の兄ちゃん役
  • 『アンナチュラル』での殺人鬼役
  • 『銀二貫』での梅吉役
  • 『スカーレット』での掛井先生役

など、役によって雰囲気がガラっと変わりますよね。でも、いつも存在感がある。

まさに太陽と雨のいいところが活かされていると感じます。

尾上寛之さんの運勢

次に、尾上寛之さんの運勢を見てみました。

尾上さん、子役として小さい頃からいろんなドラマに出演されているのですね!

(『ドレミソラ』というドラマに出ていたことも、今回調べて分かりました!当時見てました。)

でも、世間的に一気に認知されたのは恐らく朝ドラの『ひよっこ』。

そのひよっこが放送されたのが2017年。

この年は尾上さんにとって、とても運勢のいい「絶好調の年」でした。

また、ひよっこの出演が決まったのは恐らく2016年だと思うのですが、

その年は運勢のいい「飛躍の年」だったことに加え、お仕事運が最高の「宿命大半会しゅくめいだいはんかいという年でもありました。

まさにその良い年に良い結果を得られたことは、彼のそれまでの努力の証。

一視聴者としても、尾上さんが演じる「角谷太郎」に会えて嬉しいです。本当に良かった!

気を付けるとしたら…尾上さんへのアドバイス

尾上寛之さんの運勢を見て、気を付けることがあるとすれば…こんな感じです。

優しい星があるので断りにくい

今回は紹介しなかったのですが、尾上さんの持っている星が全て「平和」タイプ。

嫌なことを嫌と言えなかったり、ついつい人に優しくし過ぎて疲弊してしまうので、時には人に厳しく、断る勇気を持つと良さそうです。

また、一人で割と何でもこなせてしまう器用な方なので、人を頼ることも忘れずに。可愛がられる星もお持ちですからね。

2021年まで天中殺

尾上さんは、2019年から2021年までの3年間が、運勢が不安定になりやすい天中殺の期間です。

与えられたことを一生懸命にやっていれば全く問題ありませんが、

天狗になってしまったり、人のアドバイスを聞き入れなかったり、何か問題を起こしたりすると、露呈し今まで築いたものを失いやすくなります。

「世の為、人の為」を意識して、大事なことを自ら決めるのを避けると良さそうです。

また、33歳から43歳までは、少し毒舌っぽくなったり、言わなくてもいいことを言ってしまったり、奔放になりやすい星(傷官・沐浴)が巡ってきているので、

  • 美しいものを鑑賞する
  • 感性を磨く努力をする
  • 海外を旅したり、海外に縁のあるお仕事を受ける

と、いい方向に星をいかせるはずです♪

余計なお世話で色々書いてきましたが、、

次はどんな役で尾上さんに会えるのか。とっても楽しみにしています😊

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる