MENU
みち
四柱推命鑑定師
占いをあなたの人生のお供に

占いって何だか怪しいし、悪いこと言われるかもしれないし、苦手な方もいるかもしれません。

だけど、だけど!
楽しくポジティブに使えば、あなたの可能性を広げてくれる素敵なツールなんです。占いに携わるなど夢にも思わなかった私が断言します。

占いや当サイトを通して、あなたやあなたの大切な人の新しい一面・道を発見できますように。
デザイン変更中のため、表記に崩れがある場合があります

『点と点がいつか結びつくと信じる』スティーブ・ジョブズ

今やっていることが、本当にこれでいいのか不安なとき。

将来が見えなくて、苦しいとき。

そんなときに聞きたい言葉を、いろんな場所で、いろんな人達が、残してくれています。

今回は、スティーブ・ジョブズの名言をご紹介しますね。

目次

スティーブ・ジョブズの名言

You can’t connect the dots looking forward,you can only connect them looking backwards.
将来を見据えて、点と点を結びつけることはできません。振り返ったときに初めて結びついているものなのです。

So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
だからあなたは、点と点が将来結びつくと信じなければなりません(方法は分からなくても)

You have to trust in something, youe gut, destiny,life,karma,whatever.
直感や運命、人生、カルマ,,何であれ信じなくてはならないのです。

Because believing the dots will connect down the road, it gives you confidence to follow your heart.
なぜなら、点と点がいつか結びつくと信じることこそ、自分の心に従う自信をもたらすのです。

even it leads you off the well-worth path, and that will make all the difference.
たとえそれが、大勢の人とは違う道を選ぶことだとしても、いつか大きな違いになるのです。

スティーブ・ジョブズの言葉の背景

上記の言葉は、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で、卒業生にスピーチしたときのものです。

スティーブ・ジョブズは、リード大学で(実際には中退後)カリグラフィーの授業に魅了されました。

(※カリグラフィーとは、西洋や中東などで使われる、文字を美しくみせる手法のこと)

一見、今後の人生に何の役に立たなさそうなカリグラフィー。

ところが、時を経て、ジョブズが最初のmacの開発にあたっていた頃、

カリグラフィーの美しさを思い出し、パソコンに美しい字体を選べる機能を内蔵するというアイデアを思い付いたのです!

そのアイデアこそが、macを唯一無二の立場にしたといっても過言ではありません。

もし、ジョブズがカリグラフィーを学んでいなければ…パソコンのフォントは1種類だけだったかもしれません。

シンプルさと洗練されたデザインが特徴のappleブランドは、生まれていないかもしれません。

ジョブズは、最初からこうなることを見通して、カリグラフィーを学んだのではありません。

後から考えたら、カリグラフィーという点とmacの開発という点がつながっていたのです。

メッセージ

今やっていること、もしくはやろうとしていることに自信がなくなることもありますよね。

「こんなことやって、将来何の役に立つんだろう…」

「時間を無駄にしてしまうかもしれない…」

こんな考えに押し潰れそうになったときは、スティーブ・ジョブズの言葉を思い出してみてください。

とにかく、今、あなたがやっていることを信じてやる。

点と点が、どう結びつくかなんて分からなくても、いつかつながるんだ!と強く信じる。

あなたの心に従って行動することを恐れないで。

あなたの今の行動が、さらに美しい未来につながりますように😊

こちらの動画でスティーブ・ジョブズのスピーチが見れます。

とってもオススメなのでぜひ▽

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる